2014年04月03日

笑っていいともが終わりました

国民的番組「笑っていいとも」が最終回を迎えました。
大げさに言うと、一つの時代が終わったような感じです。
私個人としては、学生の頃はほぼ毎日見ていましたが、ここ数年は見たことがなかったので、最近の内容はほとんど知りませんでした。
スタートから32年間続いた長寿番組は、ギネスブックにも記載されており、1度も見たことがない、と言う人はほとんどいないのではないか、と思います。
一つの番組を32年間やり続けられたということは、視聴者をなくさなかった、或いは視聴者を獲得し続けた、ということです。
ゲストとのトークのコーナーのように変えないものがある中で、様々な出演者やコーナーが変わっていくという変化もあり、結局お客様を飽きさせなかった、という一言につきるような気がします。
最後の日の夜、それまでの出演者が番組に参加していました。私は一部しか見ていませんが、芸人、タレント、作家等、それは豪華なラインアップでした。
「笑っていいとも」をきっかけに売れっ子になった芸能人はとても多く、タモリさんが、それらの人をあたたかく見守って、或いは育ててこられたのではないか、と思います。
お客様を飽きさせず、同時に若者を育てる。どちらもとても難しいこととされていますが、それを同時に行っていたタモリさんは、本当にすごい方だと思います。
posted by NBP at 18:56| 日記