2014年11月28日

経済は生きている!

まわっていないんですよね、お金。
あれだけ日銀が国債を購入して、市場にジャブジャブとお金を出しているんですけどね。
経済政策も、公共投資だけでは昔みたいに循環しません。
日本経済は成熟していますから。
そして、先行きが不安定ですから、企業は内部留保を積み上げ、個人はせっせと老後に備えて蓄財しています。
教科書に載っている経済政策は過去です。
経済は生きています。
もっとダイナミックで斬新な経済政策をうってほしいものです。

たとえば、経済活性化のための組織をつくり、その運営は経営のプロにまかせるとか、或いは、東京だけ一極集中させないために、その他の地方都市活性化のため支援制度をつくるとか、いろいろ考えられると思います。
補助金、助成金だけではダメですよ。
個人的には、農林水産業に括目すべきだと思います。

古い教科書はわきに置いて、もっと迅速で大胆な経済政策を望みます!

経済は生きている!

posted by NBP at 11:40| 日記